PR 広告

【最新】芥川賞・直木賞受賞作品は?[第170回]候補作〜受賞作品

芥川賞・直木賞の発表は年に2回、7月(上半期)と翌年1月(下半期)に行われます。

2023年7月(上半期)【第169回】芥川賞『ハンチバック』市川沙央、直木賞『極楽征夷大将軍』垣根涼介・『木挽町のあだ討ち』永井紗耶子が、それぞれ受賞。

2023年12月14日に、次回の候補作品が発表されました。

最新となる【第170回】芥川賞・直木賞の受賞作品は、2024年1月17日に発表。

この記事では、芥川賞・直木賞の最新情報をお届け!

 

芥川賞・直木賞の発表はいつ?芥川賞と直木賞は、なにが違うの?

 

そこで「芥川賞と直木賞の違い」について、また過去の受賞作品を安く読む方法も解説します。

 

\ Yahoo! JAPAN IDで利用できる /

 

 

【第170回】芥川賞・直木賞作品 2023年下半期(2024年1月発表)

1月17日発表

芥川賞 『東京都同情塔』
九段理江
直木賞 『ともぐい』
河﨑秋子
『八月の御所グラウンド』
万城目学

【祝】直木賞受賞 万城目対象作品Kindle版30%ポイント還元

 

【第170回】芥川賞・直木賞作品候補作 2023年下半期

芥川賞候補作品


迷彩色の男』安堂ホセ著

 

猿の戴冠式』小砂川チト

 


東京都同情塔』九段理江

 


アイスネルワイゼン』三木三奈

 


Blue』川野芽生

 

直木賞候補作品

 

【第169回】2023年7月(上半期)受賞作品

芥川賞

Audibleで聴く

 

文藝春秋2023年9月特別号」にも全文掲載されています。

 

直木賞

 

 

 

芥川賞・直木賞の違い

芥川賞とは

【芥川賞(芥川龍之介賞)】1935年に作家芥川龍之介の友人、菊池寛による発案で創設された文学賞。過去半年以内の雑誌に発表された、純文学作品(中編・短編)の中から選考。対象は、新進作家。いわゆる作家の新人賞。

 

直木賞とは

【直木賞(直木三十五賞)】菊池寛が小説家、直木三十五(なおきさんじゅうご)の功績を記念し創設。雑誌「文藝春秋」を出版している文芸春秋社の事業の一環として1935年から芥川賞とともに始めた。単行本(短編集から長編)の大衆小説の中から選考。対象は、新進・中堅作家。

 

芥川賞・直木賞作品を安く読む方法

オーディオブックの無料体験を利用する

オーディオブック

 

芥川賞の発表はいつ?過去一覧と芥川賞作品を安く読む方法。

続きを見る

 

芥川賞・直木賞受賞作品多数【Audible 30日間無料体験】

オーディオブックは、朗読音声を耳で聴く読書。忙しくて本を読む時間のない方でも読書ができます。

 

Audible無料体験の流れ

  1. Audible
  2. [30日間の無料体験を試す]タップ
  3. Amazonアカウントでサインイン/Amazonアカウント作成
  4. 申込み内容確認
  5. [無料体験を試す]タップ
  6. 支払方法を入力
  7. 登録完了
  8. Audibleアプリインストール
  9. アプリ起動して本を選択
  10. 再生(ストリーミング)/ライブラリーに追加(ダウンロード)

 

\ 12万以上の対象作品が聴き放題 /

無料体験中の解約・退会でお金はかかりません

 

本屋のポイントアップを利用する

紙の本

 

楽天ブックスへ

 

電子書籍サービスの初回割引・クーポンを利用する

電子書籍初回割引・クーポン

 

\ 日本一の配信数 /

初回14日間無料体験

 

あわせて読む

「変わりたいのに変われない」ときに読むおすすめの本【9選】

続きを見る

 

-